歌文化とカラオケ

「ひふみんアイ」なる動画がyoutubeで配信されている。

2017年にプロ棋士を「引退」したものの、引退どころか活躍の幅を広げている、将棋の加藤一二三九段。決して上手とは思えない歌唱力でありながら、その特異なキャラクター性を活かし、かの「PPAP」の古坂大魔王の協力を得て軽快なメロディーとリズムで子供達とダンスする有様は、印象深い。

ひふみんアイ公式動画

歌は、人類にとって長い歴史を持つ文化的遺産である。その中でカラオケは、歌文化の一層の大衆化を促した、日本が誇る金字塔と考えている。筆者住まいの近隣にある、根津の居酒屋では、毎晩カラオケ好きの客が集い、カラオケに興じている。

歌の持つ、メロディー、リズム、韻律、作詞の含意、そして想像を掻き立ててくれる創作者の求めたイメージの世界。いずれも私たちを非日常の世界へ誘ってくれるとともに、意識して覚える記憶以上の、言葉にし難い「痕跡」を刻み込む。

その昔、人には意識がなく、「神々の声が聞こえた」とする「二分心」仮説が唱えられたことがある。トロイ戦争を描いた叙事詩「イーリアス」では、「意識」や意識を前提とした語彙はなく、人間は各自の「うちなる神々の声」に従って生きていたとされる。約3,000年前、人間は言語を見出し、言語から生じた自己の「意識」を獲得するにつれて、文明を加速度的に発達させたが、一方で神々の声が聞こえなくなっていったという。(ジュリアン・ジェインズ『神々の沈黙』1976年)



「二分心」の仮説について筆者なりに考えを進めると、人間は「神々の記憶」を求め、あるいは「非日常への誘い」に抗しきれず、歌を歌う、祭りを行う、手を合わせて拝む、などの行為を行うのではないか、と想像の翼をはためかせてしまう。

歌は、各文明、文化の中で、一定の規則を作り、時には壊しながら人と共に歩んできた。中国の古詩、漢詩、欧州の吟遊詩人の活動、グレゴリウス聖歌、クラッシック音楽など、日本でも和歌や俳句、後に続く民謡、謡曲、歌謡などである。

「二分心」の仮説は、あくまで仮説であり、いまだ実証されている領域には至っていない。しかし、筆者は、実生活の中で歌に触れてきた身としては、何だか妙に納得感のある説明だな、と思ってしまう。

ともかくも、人類の歴史と歩みを共にしながら、歌文化は「カラオケ」へと至った。一定の訓練を経た者でなくても、周囲を楽しませることができ、そうでなくても、ハードル低く自己陶酔に浸ることができる環境を実現したのである。

カラオケによる大衆化は、「日常化」であり、歌文化が育んできた非日常性の喪失と捉える指摘があるかもしれない。だが、歌文化のここまでの大衆化をもたらした原動力は、人々の「非日常への憧れ」ではなかっただろうか。筆者もかかる仮説に想いを馳せながら、今日も歌に興じるのである。

根津神社例大祭

あいにくの雨となった、2017年9月17日(日)の根津神社例大祭。にも関わらず、大勢の担ぎ手が参集した。上記は開始前の片町町会の御酒所の前である。御酒所は、言問通り沿い北側の、根津交差点から谷中の坂(善光寺坂)へ向かう手前に設置される。

ここでは、根津片町町会の神輿について取り上げ、いくつかのシーンを追っていきたい。写真は適宜追加し、加筆予定である。


根津のランドマークである串揚げ屋「はん亭」横の路地を入るところである。はん亭建物は日本家屋である部分を残しており、重要文化財に指定されている。建物背景の上空は明るく見えるが、雨は降り止まない。



神輿の順路は、以下の通りである。

根津片町町会御酒所
→根津片町西側路地を北上
→右折して観音通りに入り東行
→谷中との境界である旧藍染川の通りを南行
→言問通りを西行し御酒所前を通過して根津交差点を左折
→不忍通りを南行し左折ののち、はん亭のある路地に入る
→言問通りに戻り根津交差点を右折して不忍通りを北上
→「根津神社入口」で左折し西行、表参道から根津神社へ入る
→根津神社を出て東行し、そのまま直進して藍染大通りへ入る
→藍染通りを西に逆行して左折し、不忍通りを南行
→根津交差点を左折し御神酒前に戻る

以前は、最後の御酒所に戻る前に、根津の南にある宮永町方面へ何度か練り歩くこともあったそうだ。

 


根津交差点に入るところである。今年で見納めの吉野家の看板が見える。根津交差点の吉野家は2017年8月末で閉店した。不忍通り拡張工事に伴うセットバックのためである。年を経るごとに、街の風景も少しづつ変わっていく。


根津神社に入るところである。少し見えづらいが、神輿の奥の暗がりに、根津神社の石碑が確認できる。神社境内に入る頃が、最も雨が強かったか。

ちょうど写真に写っている片町の半纏について少しご紹介。片町の古いタイプの半纏の背中部分には「根片」の文字が、新しいタイプの半纏の背中部分には「片町」の文字が描かれている。


根津神社を出た後、藍染大通りへ入っているところ。ここまで来ると、雨で半纏が、相当濡れて重くなっていた。すでに提灯に明かりが灯っている時刻だ。

 

根津と根津神社

<明暦の大火>

根津神社は、不忍通りから少し西向きに入った路地を進んだ、住宅街の先にある。表参道鳥居横にある「根津神社」とある神社名石碑は、内務大臣や農商務大臣を歴任した、平田東助が揮毫したもの。

根津の街が本格的に形作られてきたのは、明暦の大火の後である。それまでは、神田川以北では上野寛永寺周辺と湯島本郷の一部だけが市街化されており、あとは農村が広がっていた。

明暦の大火とは、明暦3年(1657年)に当時の江戸の街を襲った大火事である。本郷方面から出た火の手が江戸城を含めた江戸の街に広がり、江戸時代通じて最大の大火事となった。この大火をきっかけに防火対策として、隅田川に千住大橋以外の橋が架けられ、火除け地が設けられ今に残る「広小路」の名が生まれ、飛び火を抑えるため、吹上にあった御三家の屋敷を移転させるなどが行われた。

根津の街は、上記の江戸市街地拡大に伴い、武家地が移転されてきて本格化した。

<根津神社>

根津神社は、1900年前に大和武尊が現在の千駄木の地に創祀したとされる。文明年間(1469〜87年)には太田道灌が社殿を造営したと伝えられる。その後江戸時代初期には、団子坂上に遷座していた。

現在の根津神社の地は、甲府藩邸があった。6代将軍徳川家宣の生誕の地でもある。5代将軍徳川綱吉は、家宣を後継者に定めると、旧甲府藩邸の地が献納され、宝永3年(1706年)現在の社殿が完成し、同年遷座した。

以来、根津神社門前には多数の遊郭が建つなど栄えたが、明治時代に入り、近隣の本郷に帝国大学(現在の東京大学)が設立されることを受け、門前の遊郭は洲崎へ移転させられた。

<社殿>

本殿・幣殿・拝殿が一つにまとめられた権現造の形式である。重要文化財に指定されている。

楼門。

拝殿。

つつじ苑。4月〜5月初旬につつじ祭りが開催される。

<近隣の風景>

以下、根津神社の近隣の風景をご紹介。

「根津神社入口」は不忍通り沿いにある。写真は根津神社へ至る通りとは反対側に伸びる「藍染大通り」である。

木造の根津教会。大正8年(1919年)に建てられた。

根津ふれあい会館。公民館的な施設だが、1階で近隣の郷土資料などを展示している。

<アクセス>

明治神宮野球場

新宿区霞ケ丘町と港区北青山にまたがり、赤坂御苑に隣接している明治神宮外苑は、明治天皇の業績を讃えるために建設された洋風庭園である。明治神宮野球場は、国立競技場(2014年5月閉鎖)や秩父宮ラグビー場と共に、この外苑に中にある。

プロ野球球団東京ヤクルトスワローズの本拠地として有名で、東京六大学野球、東都大学野球1部リーグも開催される球場である。

所有者は、宗教法人明治神宮である。

「東京ヤクルトスワローズの本拠地」と書いたが、実は優先使用権は東京六大学野球連盟及び東都大学野球連盟の方に認められている。これは、当野球場建設時や観客席の拡張時に、東京六大学連盟が工事費用の一部を拠出した経緯によるものである。

東京六大学連盟設立は大正14年(1925年)、明治神宮野球場の竣工は大正15年(1926年)であり、両者の歴史は軌を一にしている。当野球場は、大学野球の「聖地」である。

写真は、2017年⒎月29日(土)、全国高等学校野球選手権大会(いわゆる「夏の甲子園」)の東東京地区予選の決勝戦、東海大付属高輪台高校ー二松学舎大付属高校、の試合前の挨拶である。試合は9−1で二松学舎大付属高校が勝利した。

なお、現野球場は築90年を越えている。2020年東京オリンピック後に現・秩父宮ラグビー場に新しい野球場を建設し、現野球場は取り壊される計画となっている。

内野側最上段からの眺めである。最上段まで登る階段は、築90年だけあって石造りで幅が狭く、登って行くのはやや怖かった。

<アクセス>

東京都新宿区霞ヶ丘町3番1号

東京メトロ銀座線・外苑前駅より徒歩5分

 

東京国立博物館

東京国立博物館について、筆者独自の楽しみ方をまとめてみました。

<総合文化展を鑑賞する>

まずは「総合文化展の鑑賞」を挙げたい。総合文化展とは、従来「平常展」と呼称されていたものが2011年より改称されたものである。年間を通して、東京国立博物館の収蔵品及び寄託品のうち、一部が展示されている。原則、毎週月曜日の休館日を利用して、展示品の入れ替えが行われるため、1~2ヶ月に1回のペースで訪れると、また違った展示品に触れ、楽しむことが出来る。

土日でも概ね人は少なく、ゆったりと鑑賞できる。なまじ評判となって人だかりとなった特別展よりも、落ち着いた鑑賞を楽しむことができる。

なお、日本マンガの草分け的存在である京都・高山寺の「鳥獣戯画」なども、現在はこちらに寄託されている。数年に一回、「国宝の間」にて展示される。

<建物を鑑賞する>

多数の国宝、重要文化財が所蔵されている一方で、建物も相当なものである。

本館は昭和13年(1938年)開館。鉄筋コンクリート造ながら和風の瓦葺きである和洋折衷である。中央玄関から2階への階段のショットは「半沢直樹」など、多くのドラマ等で利用されているの。平成13年(2001年)に重要文化財に指定されている。(階段のショットは、人が大勢のためよい写真が取れていないため、後日追加予定)

上記は「表慶館」。大正天皇のご成婚を祝して明治41年(1908年)に完成。現在の東京国立博物館内の建物のうち、もっとも古い建物である。

2015年の特別展の際には建物内部に入ることが出来た。雰囲気のある木造の内装は健在であった。

<庭園を眺める>

写真は、本館1Fのバルコニーから眺めた庭園の様子である。写真中央部には茶室が見える。江戸時代初期の大名茶人・小堀遠州由来の「転合庵(てんごうあん)」である。

東京国立博物館には庭園内に茶室が5つある。いずれも寄付等によって移設されたものである。事前に予約すれば茶室の利用が出来る。特に紅葉のシーズンには混雑するとか。

<あわせて、周辺を散歩する>

東京国立博物館の周辺には、散策にぴったりの施設や風情が満載である。上野恩賜公園内には、上野東照宮、上野動物園を始め、国立西洋美術館、国立科学博物館などの施設も充実。隣には東京藝術大学や寛永寺があり、足を伸ばして都立上野高校や上野桜木を過ぎると、谷根千(谷中・根津・千駄木)もすぐそこである。

<アクセス>