気楽にハイボールを飲みつつ、酒税の話少し


ハイボール、つまりウイスキーのソーダ割りの話である。

筆者は、努めて、バーなどでの注文時に「ハイボール」という呼び名は使用しない。可能な限りウィスキー銘柄名を出して、例えば、「リベットをソーダ割で」と伝える。ただし、日本では、既に一般名詞としての普及、浸透があることから、便宜のため、ここでは「ハイボール」で通す。

元々、筆者はハイボールなるものはほとんど飲まなかった。2008年にサントリーが火付け役になってブームになった際にも。しかし、時の経過ともに趣向が変わったのか、近頃飲む頻度が高まっている。場合や気分によっては、ビールの代わりに注文することもある。

「ウィスキー、特にシングルモルトはストレートで飲むべきだ」

よく語られ、よく耳にする「主張」ないしは「命題」である。確かに、シングルモルトが持つ、ピートや樽の微妙な香り、味わいなど、ストレート、ロック、あるいは若干の加水辺りまでで味わうのが、最も良さを引き出せると感じる。筆者自身もこの立場を変えていない。

しかし、ハイボールには、ハイボールの良さがある。ビールと比べて、ハイボールは口当たりが軽い印象だ。特に夏場には、散歩した後でいっぱい欲しいなと感じる際に、ビールよりも飲みやすいと感じる。カロリーなどがビールよりも低いのも、嬉しいところである。

流石に、ビールに代わる「一杯目の定番」とまでは認知されていない。使われるウィスキーにもよるが、特有の「香り」に抵抗感がある日本人はまだまだ多い。それでもハイボールを通して、「あ、ウィスキーはこんなものだったんだ〜」という具合に、「気付き」をもたらす効果は大きいと考える。徐々に飲まず嫌いが解消されて浸透していく気配もあり、当面は伸び代はあるのでは、と考えている。

ここで、ハイボールについて、「お金」に絡む話を。「酒税」についてである。


かつて中国では古代より、専売品への課税を行われてきた。塩、鉄、酒、時代を下ると茶が専売品とされ、統治者側の都合により税額が定められるものであった。日本では中世以降、「酒役」などの名称で酒屋への免許税の名目で課税が行われた。明治時代の日露戦争前後には、酒税が税収のトップを占めていた時期があった。

明治時代以降の日本では酒税は概ね、「和酒には低税率、洋酒には高税率」の傾向であった。洋酒は「贅沢品」と見做され、「贅沢品を飲む連中には高税率を(固く言うと『応能主義の原則』)」という観念だったのである。その後外圧もあり、昭和60年代以降からウィスキーなどに対する税率は段階的に軽減された。結果目立つようになったのは、ビールに対するアルコール度数あたりの酒税税率の高さである。



アルコール度数あたりの税額で考えると、ビールへの税額が突出しているのだ。現在、ビールの酒税対策として麦芽など原材料の比率を調整した発泡酒などが生産されている。発泡酒についてはビールよりも税率が軽減されているものの、段階的にビールと税率が統合されること(つまり現在より高税率へ移行すること)が発表されている。

かくもビールが「贅沢品である」との観念に、いつまでも支配されている状況である。それでも日本人は良くも悪くもおとなしい。声を大にして主張されることはまだまだ少ないと感じている。

かかる酒税体系の環境下で生じた、「ハイボール」の提案と普及は、酒税体系に対する一種の「反抗」である側面はないだろうか。アルコール度数あたりの酒税は、ハイボール(つまりウィスキー)の方がビールより安いのである。お財布に優しいことは、ハイボールやウィスキーの普及と裾野の拡大を大いに後押ししただろう。

かつてスコットランドのウィスキーは、イギリス連合王国からの課税を逃れるため、他の酒樽で「密造」されたことで、樽からの色合い、香り、味わいを得て豊かさを増した。スコットランドの蒸留所の「反抗」が現在のスコッチを産んだのである。ささやかではあるものの、日本人らしい気がするこの「反抗」も、世界のウィスキーに新局面を産み出すきっかけになりはしないだろうか。

さて、期待と妄想に浸りながら、今宵ももう1杯。