明治神宮野球場

新宿区霞ケ丘町と港区北青山にまたがり、赤坂御苑に隣接している明治神宮外苑は、明治天皇の業績を讃えるために建設された洋風庭園である。明治神宮野球場は、国立競技場(2014年5月閉鎖)や秩父宮ラグビー場と共に、この外苑に中にある。

プロ野球球団東京ヤクルトスワローズの本拠地として有名で、東京六大学野球、東都大学野球1部リーグも開催される球場である。

所有者は、宗教法人明治神宮である。

「東京ヤクルトスワローズの本拠地」と書いたが、実は優先使用権は東京六大学野球連盟及び東都大学野球連盟の方に認められている。これは、当野球場建設時や観客席の拡張時に、東京六大学連盟が工事費用の一部を拠出した経緯によるものである。

東京六大学連盟設立は大正14年(1925年)、明治神宮野球場の竣工は大正15年(1926年)であり、両者の歴史は軌を一にしている。当野球場は、大学野球の「聖地」である。

写真は、2017年⒎月29日(土)、全国高等学校野球選手権大会(いわゆる「夏の甲子園」)の東東京地区予選の決勝戦、東海大付属高輪台高校ー二松学舎大付属高校、の試合前の挨拶である。試合は9−1で二松学舎大付属高校が勝利した。

なお、現野球場は築90年を越えている。2020年東京オリンピック後に現・秩父宮ラグビー場に新しい野球場を建設し、現野球場は取り壊される計画となっている。

内野側最上段からの眺めである。最上段まで登る階段は、築90年だけあって石造りで幅が狭く、登って行くのはやや怖かった。

<アクセス>

東京都新宿区霞ヶ丘町3番1号

東京メトロ銀座線・外苑前駅より徒歩5分