根津と池之端の境界にて

文京区根津は、江戸時代に根津神社の門前町として栄えた。根津の名前の由来は、神社説と地形説がある。

根津は、西に本郷台地、東に藍染川、南に不忍池に囲まれた土地だった。

こちらは現在の根津の南端である。写真左側のマンション(旧弥生会館跡地)は根津側であり、写真右側は「上野グリーンクラブ(日本盆栽共同組合)」は池之端側である。江戸時代には池之端側は埋め立てられる前の不忍池の一部であった。ここから南側(写真左方向)には上野動物園・西園があるが、いずれも明治時代に埋め立てられた土地である。

根津の南端は、不忍池に面してお玉ヶ池、隅田川を経由して江戸湊まで水路でつながっており、「波止場」の時代があったと想像される。根津地名の地形説は、ここから来ている。なお、江戸時代後期に入り、お玉ヶ池は埋め立てられ消滅している。

根津、池之端を画する境界は、「藍染川」のあった道である。藍染川は、元々は石神井川の本流と言われ、不忍池に注いでいた。1964年の東京オリンピックを前に完全に暗渠となった。



以下は、現在の文京区・根津2丁目の地図である。根津の南端と不忍池の位置関係を見て、当時の状況を想像されたし。

根津南端の根津/池之端境界付近で、藍染川暗渠のある場所である。左側が根津、右側が池之端である。この写真の真後ろへ藍染川が続き、不忍池へと注いでいたのである。

幕末頃の付近の古地図によれば、藍染川を挟んで根津と池之端にまたがって秋元但馬守の広大な下屋敷があったことが分かる。旧弥生会館跡に建つマンション(根津側)と水月ホテル鴎外荘(池之端側)を含めて、いずれも秋元但馬守の下屋敷であったのだ。

秋元但馬守として特に有名なのは、元禄12年(1699年)から正徳4年(1714年)にかけて老中を務めた秋元喬知(たかとも)である。戸田家より養子に入り、母方の祖父である秋元家を継いだ。正徳元年(1711年)には、甲斐国・谷村藩1万8千石から川越藩5万石へ転封になっている。川越藩の前藩主は柳沢吉保であり、またかの知恵伊豆こと松平信綱など老中など幕府要職に就くお歴々が治めている。川越藩主は、佐倉藩主に次いで老中就任者が多く、川越藩への転封は栄転と言えるだろう。

秋元喬知の事績として、元禄大地震の復興への尽力を含めた土木工事対応があるが、トピックスとして語り継がれるのは、宝永4年(1707年)の八瀬童子と天台座主・公弁法親王の争いに下した裁定である。これは比叡山延暦寺領への入会権を巡る争いであった。

秋元喬知は本件で八瀬童子の旧来からの権益を実質的に確保したことで感謝された。八瀬郷は京都の八瀬天満宮の摂社として「秋元神社」を建立し、秋元喬知本人を祭神として祀っている。毎年10月には「八瀬赦免地踊り(無形文化財指定)」が奉納されている。

なお近隣には、上述した松平伊豆守の屋敷跡地も存在する。それはまた別の機会に。

以下、「藍染川」の跡を少し先へ進んでみる。

先ほどから少し進んだところである。細い道が続いている。

この先を進むと根津側(左側)にかの有名なうどん屋「釜竹」がある。池之端側には中華料理店「BIKA」がある。やがて言問通りにたどり着く。

釜竹のうどん。いつ食べても美味しい。

元々「藍染川」であった道のため、この先も延々と続いている。言問通りに出る辺りからは、根津・谷中の境界と変わり、藍染大通りとの交差点を過ぎ、いわゆる「へび道」付近からは千駄木・谷中の境界と変わっていく。

以上で見てきた「藍染川」だが、現在の路地の幅そのままでないにしても、当時の川幅は狭かったのではないだろうか。道も傾斜はほとんど感じられず、むしろ平坦である。不忍池には、雨天時には上野の山からも雨水が流れてくるため、逆流することもあったようである。

そこで、現在で言う「言問通り」辺りから、藍染川の迂回路が作られた。「五人堀」と呼ばれた。根津交差点(言問通りと不忍通り)から南下し、串揚げや「はん亭」付近で路地に入り、不忍池へ注いでいた。

老舗串揚げ屋・はん亭はこちら。

付近のお薦めスポットを少し紹介。

根津と池之端の境界、池之端側の公園に、旧都電の車両が設置されている。東京メトロ千代田線が開通するまでは、不忍通り沿いには都電が走っていた。

 

2017年5月オープンした、NC(ナチュラルカレーレストラン)。根津の南の端にある。

こちらメニュー。健康によい食材が満載である。

筆者お気に入りの、キーマカレー、1,000円。玄米がなんとも嬉しいです。

<NC営業時間、アクセス>

営業時間:11:30~19:00 (水曜日のみ11:30~15:00)

定休日:日曜日