根津神社例大祭

あいにくの雨となった、2017年9月17日(日)の根津神社例大祭。にも関わらず、大勢の担ぎ手が参集した。上記は開始前の片町町会の御酒所の前である。御酒所は、言問通り沿い北側の、根津交差点から谷中の坂(善光寺坂)へ向かう手前に設置される。

ここでは、根津片町町会の神輿について取り上げ、いくつかのシーンを追っていきたい。写真は適宜追加し、加筆予定である。


根津のランドマークである串揚げ屋「はん亭」横の路地を入るところである。はん亭建物は日本家屋である部分を残しており、重要文化財に指定されている。建物背景の上空は明るく見えるが、雨は降り止まない。



神輿の順路は、以下の通りである。

根津片町町会御酒所
→根津片町西側路地を北上
→右折して観音通りに入り東行
→谷中との境界である旧藍染川の通りを南行
→言問通りを西行し御酒所前を通過して根津交差点を左折
→不忍通りを南行し左折ののち、はん亭のある路地に入る
→言問通りに戻り根津交差点を右折して不忍通りを北上
→「根津神社入口」で左折し西行、表参道から根津神社へ入る
→根津神社を出て東行し、そのまま直進して藍染大通りへ入る
→藍染通りを西に逆行して左折し、不忍通りを南行
→根津交差点を左折し御神酒前に戻る

以前は、最後の御酒所に戻る前に、根津の南にある宮永町方面へ何度か練り歩くこともあったそうだ。

 


根津交差点に入るところである。今年で見納めの吉野家の看板が見える。根津交差点の吉野家は2017年8月末で閉店した。不忍通り拡張工事に伴うセットバックのためである。年を経るごとに、街の風景も少しづつ変わっていく。


根津神社に入るところである。少し見えづらいが、神輿の奥の暗がりに、根津神社の石碑が確認できる。神社境内に入る頃が、最も雨が強かったか。

ちょうど写真に写っている片町の半纏について少しご紹介。片町の古いタイプの半纏の背中部分には「根片」の文字が、新しいタイプの半纏の背中部分には「片町」の文字が描かれている。


根津神社を出た後、藍染大通りへ入っているところ。ここまで来ると、雨で半纏が、相当濡れて重くなっていた。すでに提灯に明かりが灯っている時刻だ。