上野の山へ至る道・谷中の三崎坂

谷中の名前は、上野の山と本郷台に挟まれた「谷間」から名が付いた、と言われる。実際に谷中を歩いてみると、単純に挟まれた場所ではなく、そこは坂の緩急がバラエティーに富んでおり、興味を惹く地形である。

東京メトロ千代田線・千駄木駅を下車し、不忍通りに面した団子坂下から、東の方角に進むと、上野の山へ至る坂道がある。坂道は、少しづづ傾斜を登る進行方向に向かって概ねやや右に迂回しながら、やがて上野の山へ到達する。上野の山へ向かう途中の登り坂は、「三崎坂(さんさきざか)」と呼ばれる。現在の台東区・谷中の中心部を東西に横切る坂道である。

三崎坂沿いの寺院には、上野戦争の弾痕が残されている。

こちらは谷中・三崎坂の谷中小学校近くにある日蓮宗・長久寺。

  

上野戦争の際には、新政府軍の主力部隊(薩摩藩兵中心)は、寛永寺の黒門口から攻撃を行った。新政府軍の別動隊(長州藩兵中心)は、団子坂下から三崎坂を経由して天王寺及び寛永寺谷中門(裏門)方面へ目掛けて進軍した。彰義隊は、三崎坂道中の寺院、民家で待ち伏せを行い、進軍してくる新政府軍に抗戦した。谷中は江戸時代に入って形成された寺町である。幕末には多数の寺院があった。そしてそのいくつかが現在まで残されている。



長久寺の弾痕は、上記の戦闘の際にできたものである。上野戦争の戦火で灰燼に帰した寺院も多かったため、当時は幾多の銃弾が飛び交ったであろう。

新政府軍主力が黒門口から寛永寺境内へ攻撃開始後、新政府軍別動隊は、谷中天王寺を占拠した。

進軍ルートについて、天王寺制圧の後、寛永寺の背後を衝くために、三崎坂のルートを選択したのでは、と推測する。現在の根津交差点(不忍通りと言問通りの交差点)から進軍した方が寛永寺へはやや距離が短いように見えるが、当時は寛永寺の敷地は上野桜木あたりまで張り出しており、天王寺敷地まで隣接していた。付近の寺町を含めて彰義隊が占拠していただろうから、挟み撃ちに遭う危険もあり、彰義隊を各個撃破できる三崎坂ルートを選択するルートに軍配が上がる感がある。

ルート選択の理由としてもう一点挙げるならば、「坂道の勾配」ではないだろうか。

こちらは根津交差点から上野の山へ続く坂道である。根津から谷中に入る辺り、写真で信号のある所は、丁度根津と谷中の境界だが、上野桜木へ向かう坂の勾配が急になっていることが分かる。余談だがここは善光寺坂と呼ばれ、かつてあった寺の名前が坂に残っているものである。

 

次に団子坂下から上野の山へ続く坂道、すなわち三崎坂。根津からのルートと比較すると、幾分坂の勾配が穏やかに見える。

 

上野戦争当時は、欧州からの大砲やライフル銃など西洋式の近代化武器が浸透していった時代とはいえ、当然ながら徒歩により進軍を行った。しかも、火事が江戸の街に広がることを抑えるため、わざわざ雨天の日を選んで上野の山の彰義隊の討伐作戦が行われたという。道路が舗装されていない時代であるので、雨天時の寛永寺に至る坂道はぬかるんでいたに違いない。新政府軍は、移動距離は長いものの、やや坂が緩やかで行軍ハードルの低い三崎坂のルートを選んだのではないか、と考えてしまう。

攻撃側の進軍ルート選択の自由度を狭めさせることは、守備側のメリットとなる。上野の山の寛永寺は、ここで眺めた谷中の「坂」にも守られていた、と言えないだろうか。

上野精養軒のダブルコンソメスープ

本格フレンチレストランの名店・上野精養軒は、上野恩賜公園の中にある。

開業は明治5年(1872年)で、上野の地に開店したのは明治9年(1876年)、上野恩賜公園の開設時だった。

時代はいわゆる「鹿鳴館時代」で、明治政府は先進的であるとされた西欧文化を取り入れることで、日本を近代国家をたらしめんとしていた。上野精養軒は、そんな時代の空気の中で、日本に西欧料理を根付かせる役割を担ってきた老舗であり、当時からの伝統を引き継いでいる料理を現在も提供している。

ロビーのバルコニーからの眺めである。晴天に不忍池、弁天堂が映え、食事前の「オードブル」として心地よく心を弾ませてくれる。

上野精養軒の中でも、特に秀逸な一皿をご紹介したい。グリルフクシマで出される「ダブルコンソメスープ」である。

最初は、「おや、コースの途中に、突然紅茶なのか?」と感じたが。。。

コンソメとは、大手食品メーカーの「コンソメスープの素」や、菓子類の「コンソメ味」が一般に浸透しているせいで、ありふれたスープである印象が広まっている感がある。元々はフランス語で「完成された(consomme)」という意味である。通常は、肉類、魚類からとった出汁により、脂肪分が少ない肉類や野菜を煮立てて作られる。また澄んだ琥珀色の色合いを保つように、適宜アク取りを行う必要がある。

ダブルコンソメスープとは、コンソメスープの出汁をとる工程を2回かけ、作られる、非常に手間暇をかけた料理である。

飽食の時代である。多くの料理がそこそこ美味しく、そこそこ食べることができるように作られ、提供される。筆者は料理の専門家ではないが、深い印象が残り、感動を覚える味とは、味覚の中で普段使われていない神経が覚醒し、にわかに知覚と感覚により捉えている外界が拡がる、そんな体験をさせてくれる味だと考えている。

このダブルコンソメスープは、コース料理の場合、前半に出されるものである。食することで大いに自身を活性化してくれるが、具材が入っているわけではないため、決して満腹にはならない。むしろ食することで、以後の料理を「活性化された」状態となり味わうことができる。コース料理としてはしばしば耳にすることとはいえ、改めてコース料理の意味を鮮烈に「味わう」ことができた。

椀盛は「日本料理の華」と言われる。同様に、コンソメスープは「フランス料理の真髄」と呼ばれる。そのことを改めて心に刻んでくれる一品であった。

<アクセス>

 

上野恩賜公園~寛永寺黒門跡

上野恩賜公園の広小路側入口である。

現在の上野恩賜公園は、その大半がかつて寛永寺境内だった。慶応4年5月15日(1868年7月4日)、上野戦争の戦火により寛永寺の主要な伽藍は失われ、境内の用地は新政府に没収された。その後広大な境内地は、公園とされた。

<寛永寺の黒門跡>

寛永寺黒門、すなわちかつての寛永寺の総門があったのは、広小路側入口から桜並木道に入る手前の場所である。左手に、江戸時代天明期の文人・蜀山人(大田南畝)の碑がある。黒門にまつわる歌を残している。

現在公園の大噴水のある付近には、かつては寛永寺の根本中堂があった。すなわち、公園の広小路入口から大噴水に至る桜の並木路は、寛永寺の表参道であった。

参道は坂道が続いていることが分かる。

 

黒門跡地を遠目に、公園入口まで下がった写真。この辺りからも坂道の傾斜が続いていることが分かる。写真右手には木の陰に階段があり、かつては「山王台」と呼ばれた小高い場所へと続いている。黒門は西側に「山王台」を控えた隘路となっている参道の入口に設けられていた。

上野戦争の激戦地となった「黒門口の戦い」では、上野広小路方面から黒門前に押し寄せた新政府軍を、山王台の上から彰義隊が射撃し応戦した。

<円通寺>

荒川区の円通寺には、当時の黒門が現存している。

円通寺は、彰義隊戦死者の遺骸が放置されていたところ、当時の住職が火葬により弔い、後に新政府より正式に供養を行うことが許された。後に明治40年(1907年)、帝室博物館より下賜された。

近づくと、上野戦争時の銃痕が生々しく残されているのが分かる。銃痕は新政府側の射撃によるものであるので、彰義隊側も同様に当該黒門内側より応射していたのであろう。激しい銃撃戦の痕跡である。

  

 

<彰義隊の墓>

山王台の上には、彰義隊の墓が佇んでいる。火葬の後、円通寺に葬られているので、正確には墓というより記念碑と呼ぶべきか。

<西郷隆盛像>

山王台の彰義隊の墓の手前に、あの西郷隆盛像が立てられている。

 <アクセス>

 

根津と根津神社

<明暦の大火>

根津神社は、不忍通りから少し西向きに入った路地を進んだ、住宅街の先にある。表参道鳥居横にある「根津神社」とある神社名石碑は、内務大臣や農商務大臣を歴任した、平田東助が揮毫したもの。

根津の街が本格的に形作られてきたのは、明暦の大火の後である。それまでは、神田川以北では上野寛永寺周辺と湯島本郷の一部だけが市街化されており、あとは農村が広がっていた。

明暦の大火とは、明暦3年(1657年)に当時の江戸の街を襲った大火事である。本郷方面から出た火の手が江戸城を含めた江戸の街に広がり、江戸時代通じて最大の大火事となった。この大火をきっかけに防火対策として、隅田川に千住大橋以外の橋が架けられ、火除け地が設けられ今に残る「広小路」の名が生まれ、飛び火を抑えるため、吹上にあった御三家の屋敷を移転させるなどが行われた。

根津の街は、上記の江戸市街地拡大に伴い、武家地が移転されてきて本格化した。

<根津神社>

根津神社は、1900年前に大和武尊が現在の千駄木の地に創祀したとされる。文明年間(1469〜87年)には太田道灌が社殿を造営したと伝えられる。その後江戸時代初期には、団子坂上に遷座していた。

現在の根津神社の地は、甲府藩邸があった。6代将軍徳川家宣の生誕の地でもある。5代将軍徳川綱吉は、家宣を後継者に定めると、旧甲府藩邸の地が献納され、宝永3年(1706年)現在の社殿が完成し、同年遷座した。

以来、根津神社門前には多数の遊郭が建つなど栄えたが、明治時代に入り、近隣の本郷に帝国大学(現在の東京大学)が設立されることを受け、門前の遊郭は洲崎へ移転させられた。

<社殿>

本殿・幣殿・拝殿が一つにまとめられた権現造の形式である。重要文化財に指定されている。

楼門。

拝殿。

つつじ苑。4月〜5月初旬につつじ祭りが開催される。

<近隣の風景>

以下、根津神社の近隣の風景をご紹介。

「根津神社入口」は不忍通り沿いにある。写真は根津神社へ至る通りとは反対側に伸びる「藍染大通り」である。

木造の根津教会。大正8年(1919年)に建てられた。

根津ふれあい会館。公民館的な施設だが、1階で近隣の郷土資料などを展示している。

<アクセス>

明治神宮野球場

新宿区霞ケ丘町と港区北青山にまたがり、赤坂御苑に隣接している明治神宮外苑は、明治天皇の業績を讃えるために建設された洋風庭園である。明治神宮野球場は、国立競技場(2014年5月閉鎖)や秩父宮ラグビー場と共に、この外苑に中にある。

プロ野球球団東京ヤクルトスワローズの本拠地として有名で、東京六大学野球、東都大学野球1部リーグも開催される球場である。

所有者は、宗教法人明治神宮である。

「東京ヤクルトスワローズの本拠地」と書いたが、実は優先使用権は東京六大学野球連盟及び東都大学野球連盟の方に認められている。これは、当野球場建設時や観客席の拡張時に、東京六大学連盟が工事費用の一部を拠出した経緯によるものである。

東京六大学連盟設立は大正14年(1925年)、明治神宮野球場の竣工は大正15年(1926年)であり、両者の歴史は軌を一にしている。当野球場は、大学野球の「聖地」である。

写真は、2017年⒎月29日(土)、全国高等学校野球選手権大会(いわゆる「夏の甲子園」)の東東京地区予選の決勝戦、東海大付属高輪台高校ー二松学舎大付属高校、の試合前の挨拶である。試合は9−1で二松学舎大付属高校が勝利した。

なお、現野球場は築90年を越えている。2020年東京オリンピック後に現・秩父宮ラグビー場に新しい野球場を建設し、現野球場は取り壊される計画となっている。

内野側最上段からの眺めである。最上段まで登る階段は、築90年だけあって石造りで幅が狭く、登って行くのはやや怖かった。

<アクセス>

東京都新宿区霞ヶ丘町3番1号

東京メトロ銀座線・外苑前駅より徒歩5分

 

渋谷の景色~道玄坂/宇田川町方面

ここでは渋谷の中心的繁華街が含まれる、道玄坂及び宇田川町のエリアを取り上げる。

渋谷駅周辺エリアは、こちらへ。

<セルリアンタワーと国道246号線>

 

渋谷駅から道玄坂方面へ桜ヶ丘・南平台方面に進む途中にセルリアンタワーの姿が目に入ってくる。セルリアンタワー東急ホテルやGMO本社が入居している。下を走るのは国道246号線、及び首都高速(高架部分)である。

国道246号線は、起点は東京都千代田区の三宅坂交差点であり、終点は国道1号に合流する静岡県沼津市である。通称「にー・よん・ろく」、場所により「青山通り」、「玉川通り」、「厚木街道」など呼び名を変えている。ほぼ東名高速、東急田園都市線と並行に走っている。

国道246号線は、元は東海道の脇街道として発達した「足柄道」であった。終戦後、国道1号線(元の東海道)は車線拡幅に限度があるため、拡幅が進められた。

<渋谷マークシティ>

<道玄坂>

<道玄坂道供養碑>

上記はJRまたは銀座線の渋谷駅を下りて、渋谷マークシティーを抜けた先にあり、道玄坂上交番前の交差点に面している。渋谷には、東に宮益坂、西に道玄坂がある。その昔薄暗い場所で、山賊が出たという。こちらの石碑は、坂の名の由来となった「道玄」という山賊を説明している。現在も、道玄坂の路地は風俗店やホテルの入る小型ビルが密集しており、薄暗い雰囲気が継続している。

<道玄坂上交番前>

 

筆者がよく昼食に使う道玄坂の2件の店舗である。詳細は割愛する。

<しぶや百軒店(しぶやひゃっけんだな)>

渋谷のかつての中心的繁華街である。

 

<タワーレコード>

スクランブル交差点から、宇田川町方面へ向かう途中にある。1990年代には渋谷は、特に宇田川町はレコード店の聖地と呼ばれていたが、昨今の店舗形態での運営は厳しい状況から店舗数は減少している。

<渋谷MEGAドンキ>

渋谷駅からハチ公前を通り、道玄坂を上って東急百貨店渋谷本店の手前にある。近隣にあった渋谷店の閉店後に2017年5月12日(金)にオープン。通常店の顧客層に加えてファミリー層の取込みも狙っている。

<東急百貨店渋谷本店>

昭和42年(1967年)開店。従来は住宅も点在する地域だったが、オープン以降、道玄坂の繁華街への変貌が加速した。

<代々木総合体育館>

かの丹下健三設計で代表作品の一つ。1964年9月、最後は突貫工事になりながら、東京オリンピックの39日前になんとか完成した。

<NHK>

左中央には「スタジオパーク」のモニュメントみたいな看板が見える。右には「代々木公園」入り口がある。(「代々木公園」はいまやポケモン聖地のひとつであるが、それはまた別の機会に。)

東京メトロ千代田線・根津駅

東京メトロ千代田線の根津駅は、千駄木駅と並んで谷根千に直アクセスできる駅であり、谷根千のお散歩を楽しむには欠かせない。文京区内には、JRの駅は存在しない。谷根千の手近なアクセスは、東京メトロ千代田線及び都営バスであり、さもなくば徒歩10分程度の移動を行ってJR(上野駅、鶯谷駅)または京成電鉄(京成上野駅)を利用することになる。

千代田線は、代々木上原駅から綾瀬駅まで19駅ある。代々木上原駅からは小田急線に直通しており、また綾瀬駅からはJR常磐線に直通している。停車駅としても、明治神宮前駅(JR原宿駅)、表参道駅、国会議事堂駅、日比谷駅(JR有楽町駅が近隣)、大手町駅(JR東京駅が近隣)、西日暮里駅(JR西日暮里駅)など、都内の要所が含まれており、日常での利便性は高い。

千代田線は10両編成であり、駅出口は10両編成列車のほぼ先頭と最後尾のそれぞれの付近に2か所ある。降り口を誤ると概ね200メートルを歩くこととなり不便であるため、目的地にあった出口を選択すべきである。

<根津交差点口(北側の出口)>

  

不忍通りと言問通りが交差する「根津交差点」が目の前にある出口である。目的地が、根津神社、根津ふれあい会館、藍染大通り方面である場合はこちらの出口がお薦めである。

まずは「根津の街並みを散歩したいな」という方にはこちらの出口から出た方がいいだろう。

忘れ物対応などをしつ行う事務室は、こちらの出口にある。

<不忍口(南側の出口)>

  

不忍池方向で、文京区と台東区池之端の境界近くの出口。目的地が不忍池の他、上野動物園不忍口、水月ホテル鴎外荘に行く場合はこちらの出口の方が近い。横山大観記念館に行く場合は、根津駅不忍口よりも、隣の駅である湯島駅の方からの方がやや近い。

池之端から不忍池を散策したい、という方にはこちらの出口から出た方がいいだろう。

改札内には、「メトロ文庫」が設置されている。有志が持ち寄った文庫本等を借りることができる。

ホーム・改札階から地上に上がることのできるエレベーターは、こちらの出口にのみ設置されている。

上の写真は、根津駅の不忍口から出て、不忍通りから南側を眺めたところである。文京区(根津)と台東区(池之端)の境界がすぐそこにあることが分かる。遠目に見えるのは、秋葉原に建つダイビルである。

不忍口近くの、不忍通りから路地に入ったところには、あの「はん亭」の建物もある。貴重な日本家屋の姿を残すものであり、重要文化財に指定されている。根津のランドマーク的な存在である。

江戸城の話(その2)ー江戸城と藤堂高虎

江戸城建設には多くの偉人たちが関わっている。よく天海僧正が語られるが、ここでは藤堂高虎を挙げたい。

関ヶ原の戦い以降の天下普請として、江戸城の建設には全国の大名が動員された。当時の日本の築城技術は、西日本にあった。必然的に石垣などの技術を要する普請は主に西日本の大名が動員された。中でも和歌山城や宇和島城の築城で既に実績を残していた藤堂高虎が江戸城の縄張りに携わった。いわば「総合設計」である。

江戸城は武蔵野台地の東端に位置している。関東平野は広いが、一方で東京の街は坂道が多いことが分かる。江戸城は、この武蔵野台地の坂道をふんだんに活かした、巧妙な縄張りとなっている。

藤堂高虎は、近江国生まれで、7人の主君に支えた。順に、浅井長政、阿閉貞征、磯野員昌、織田信澄、豊臣秀長、豊臣秀吉、徳川家康、である。江戸時代以降の「倫理観(?)」からは変節者と捉えられる節があったようだが(※)、戦国時代は実力社会であり、ごく自然な処世だったとも言われている。むしろ実力により、各主君にそれなりに処遇されてきたことを考えると、もっと評価されるべきではないだろうか。

(※)後に戊辰戦争の鳥羽伏見の戦いの際、津藩は旧幕府側劣勢に傾くと真っ先に新政府側へ寝返り、旧幕府側から「さすが藩祖の薫陶著しいことじゃ」と罵られたという。本件が藤堂高虎の「変節」の評価を決定付けた、という説もある。

東京の街の発展は、江戸城の基礎作りに貢献した、藤堂高虎によるところが大きいのではないだろうか。

藤堂高虎は江戸城改築の功もあり、慶長13年(1608年)に伊勢・伊賀22万石へ加増・転封されている。この転封は、徳川方による大坂城包囲網の一環でもあり、藤堂高虎は領内の安濃津城や伊賀上野城の改築も行う。

話が変わるが、「上野」という地名の由来は、藤堂高虎が上記の伊賀上野に地形が似ていることから命名されたという説も語られている。

根津の居酒屋・すみれ


根津の不忍通りから、観音通りと呼ばれる道に少し入った先に、間も無く開業50年となる居酒屋がある。

「居酒屋・すみれ」には、今日も大勢の人間が集う。午後6時の開店時間にはカウンター10席が満員になることもよく見かける。

店内に入ると、そこには「古き良き昭和の居酒屋」の世界が待っている。女将と若女将のちょっとした会話や心遣いが、心温まるひとときを過ごさせてくれる。


特に2012年3月14日に東京テレビ系列のテレビドラマ「孤独のグルメ」で放映されてからは(Season1第11話「文京区根津 飲み屋さんの特辛カレー」)、番組を見たり、追随したブログ等に掲載されることも増え、都内だけでなく全国から訪ねてくる客が後を絶たない。

なお、席数は10席と少ない。基本的に2人まで、多くても3人までの来店がおすすめである。

<メニュー構成>

店内入口近くのカウンター前には、夏季は生ビールサーバが置かれる。オフシーズンには、おでん又は鳥煮込みのズンドウが置かれる。決して広いとは言えない店内スペースが有効活用されている。


その日の食材の仕入れ具合を見て、開店前に、女将がメニューを黒板にチョークで記入する。概ね、右から「本日のスペシャルメニュー」、お新香、すじこ醤油漬け、チーズ盛り合わせなどの「おつまみ系」、豚生姜焼き、豚キムチ焼きなどの「肉料理」、イワシ、マグロなどの「刺身」、鮭やニシンなどの「焼き魚」、カレーライス、お茶漬けなどの「ご飯もの」の順で並んでいる。


やはり定番は、独自のスパイス配合を加えたカレーライスであろう。特に飲んだ後の一皿には、内臓や体中の毛穴を活性化してくれるような刺激を体感できる。大きめに切られたジャガイモ、ニンジンが「日本の家庭のカレー」の暖かさを感じさせてくれる。

その他、土曜・日曜・月曜限定で提供される香り豊かな「手ごねハンバーグ」や、時々出されるアジフライなどの揚げ物系の料理も人気であり、品切れ頻度がとても高い。

<有線放送>


テレビの音量はそこそこに抑えられ、店内は有線放送のミュージックが流されている。1970年代、80年代中心の懐メロ歌謡曲が、店の内装ともマッチして、まさに「昭和」の雰囲気を楽しむことが出来る。

<営業時間・住所>

18:00~25:00
定休日:火曜日、水曜日

東京都 文京区 根津 2-24-8

渋谷の景色~渋谷駅周辺

現在はITベンチャーの聖地となった渋谷。街を歩くと、他所では見られない独特のスポットで一杯だ。(今や、ポケモンとポケモンハンターも一杯だが、それはまた別の機会に。)

ここでは駅周辺エリアを取り上げる。

道玄坂/宇田川町エリアは、こちらへ。

<渋谷駅>

延々と再開発工事が続く渋谷駅。通るたびに通路が変わっている感がある。2027年には駅東側に地上47階のビルが建ち、屋上に展望施設が出来るとか。

江戸、及びそれを引き継いだ東京は、繁栄と人口増加で用地が不足した際には、周辺の街や村を取り込み、新たな江戸(東京)の一部として拡大再生産を重ねてきた。江戸(東京)はそれを可能とする立地に恵まれた。

渋谷は、現在も膨張を続ける東京の、最前線の一つである。いま目の前で行われている工事は、東京が続けてきた拡大再生産の延長線であり、またその現場の一断面だと考えると、近代的な光景とはいえ感慨が深くなる。

渋谷名物の、銀座線が地上に出ている姿である。JR渋谷駅から宮益坂方面へ出て、ヒカリエへ向かう途中の場所である。銀座線車両は数分おきに見かけることが出来る。少々見えづらいが、写真ではオレンジの銀座線の車両が地上3階を走っており、JR山手線(写真右下あたり)よりも上を走る有様はなんとも奇妙な光景と言える。

銀座線開通当時の技術では列車の急な坂の上り下りは困難であったため、平坦なルートを選んだ結果、「谷」である渋谷では地下鉄が地上に露出したものである。渋谷駅付近が「谷」底であること、また東西両側に「宮益坂」、「道玄坂」が控えている地形の特徴がよく表れている。

なお、丸ノ内線の「四ツ谷駅」でも同様の光景を見ることが出来る。

 

夏の眠りを快適にする麻寝具シリーズ【麻夢物語公式オンラインショップ】

<モヤイ像>

ハチ公像前とともに、銀座線を下りて道玄坂サイドに出たすぐの場所である。先日、ハチ公前の喫煙所が閉鎖されたため、渋谷駅近隣の喫煙所は少なくなった。その影響で、最近はスモーカーとタバコの煙で一杯である。上の写真のモヤイ像右側に見えるのは喫煙所の壁であり、中は喫煙者と煙があふれていた。

そもそもモヤイ像は、伊豆諸島の新島村の名物の石像である。新島村の場所は以下参照。

<ハチ公像>

<スクランブル交差点>



<のんべい横丁>

山手線ガード横に、36店舗がひしめいている。渋谷駅の件の延長線上で再開発の話があるものの、外国人観光客に人気があるため、2020年オリンピックまでは存続するとかしないとか。