関宿水門と江戸の水運交通

関宿は、利根川・江戸川の分流点にある。北に利根川を臨み、西に江戸川を臨む、中洲状の地形に立地している。

太平洋経由で運ばれる東北地方からの物資、下総(現在の千葉県)や常陸(現在の茨城県)からの物資は利根川を上流へ遡ってここ関宿を通り、江戸川を下って大消費地である江戸の街へ運ばれた。ここ関宿は、江戸に至る水運交通の要衝であったと言える。

上の写真は、江戸川にかかる関宿水門を上流方向から眺めたものである。水門の向こうに関宿城(復元)が見える。

この写真は、千葉県野田市関宿町から江戸川対岸にある、茨城県猿島郡五霞町から撮影している。五霞町は、茨城県の中で唯一利根川・江戸川の右岸にある。五霞町が茨城県に属した経緯は、利根川東遷事業の経緯に絡んでくる。

<関宿水門>

関宿水門は、大正7年(1918年)に着工し、昭和2年(1927年)に完成した。多くはコンクリート製であるが、一部石材が使われている。



利根川東遷事業は、徳川家康の江戸入府後に開始されたとされている。北関東の利根川水系、渡良瀬川水系は、当時主として南へ流れ、それぞれ江戸湾に注いでいた。2つの水系を、別の鬼怒川水系と合わせて、銚子方面へ流れる利根川と、江戸湾へ流れる江戸川に分けていく、300年を超える工程であった。幾多の土木工事を積み重ね、最終的に現在の河川の形となったのは、大正15年(1926年)の権現堂川(関宿から見て上流だったところ)の締め切りと昭和2年の関宿水門の完成である。

利根川東遷事業は、江戸時代には利根川と江戸川を連結させ、新田開発用地の確保だけでなく、銚子から江戸湾に至る水運交通をもたらした。人口増大に向かう江戸の街に、膨張していく消費経済に堪え得る「強力な流通インフラ」を備えさせたのである。

東北から海路だけで直接江戸湾に至る「東廻り航路」も開発されていたが、海が荒れやすい犬吠埼沖のポイントや、房総半島での距離の迂回を避けるため、利根川から江戸川を経由して江戸の街に至る水運ルートは重要なポジションを占めることになった。

写真は、「棒出し」に使われていた石材である。棒出しとは、江戸川への水量を制限し、利根川への水量を増やすため、分岐近くの江戸川の両岸に作られた人工の突堤物である。現在は、この棒出しの機能は、関宿水門が担っていることになる。

写真は、関宿水門の少し南にある、江戸川の堤防である。上の写真は堤防を下から撮影したもの、下の写真は堤防の上から見た江戸川である。

明治時代に入ると鉄道網が広がりを見せ、水運交通の重要性は低下した。河川政策も、水運交通整備よりも治水対策に重きを置かれたものに変化し、西欧から技術者を招いて堤防が盛んに作られた。関宿水門は、かかる治水対策の軌道の中で、「棒出し」に代わる、江戸川への水量調整の施設として作られた。

写真は、関宿水門の西端にある、小舟が通過できる閘門(こうもん)である。

<関宿城>

現在の関宿城は、復元されたものである。元は、現在よりも200メートルほど南方にある小高い丘の上にあったようだ。明治時代以降に、河川の護岸工事が進み、関宿の「中洲」状の陸地はやや北へシフトしている。

繰り返すが、江戸時代、関宿は水運交通の要衝であった。そして関宿藩は、水運交通、江戸城、江戸の街を守る要衝を守る位置にあった、と言える。関宿藩には、徳川家康異父弟の松平康元に始まり、幕府からの信頼のある譜代大名が入り続けた。

関宿藩主から老中に就任した者も多い。関宿を最も長く治めたのは久世家である。幕末の老中、久世広周は、井伊直弼と対立時期を経て、桜田門外の変の後、老中首座として、安藤信正とともに公武合体政策を推進したことで知られている。

関宿は江戸時代の姿ではない。しかし、この地は江戸を支えた水運交通の要所であったことを偲ばせる。

関宿と利根川、江戸川の水運がもたらした物資の流通と集積のシステムは、江戸の街の消費経済を支え、繁栄をもたらした。明治時代以降は、物資の流通と集積のシステムの担い手は水運交通から鉄道輸送やトラック輸送に継承されて、現在の東京の繁栄に繋がっていくのである。