渋谷の景色~渋谷駅周辺

現在はITベンチャーの聖地となった渋谷。街を歩くと、他所では見られない独特のスポットで一杯だ。(今や、ポケモンとポケモンハンターも一杯だが、それはまた別の機会に。)

ここでは駅周辺エリアを取り上げる。

道玄坂/宇田川町エリアは、こちらへ。

<渋谷駅>

延々と再開発工事が続く渋谷駅。通るたびに通路が変わっている感がある。2027年には駅東側に地上47階のビルが建ち、屋上に展望施設が出来るとか。

江戸、及びそれを引き継いだ東京は、繁栄と人口増加で用地が不足した際には、周辺の街や村を取り込み、新たな江戸(東京)の一部として拡大再生産を重ねてきた。江戸(東京)はそれを可能とする立地に恵まれた。

渋谷は、現在も膨張を続ける東京の、最前線の一つである。いま目の前で行われている工事は、東京が続けてきた拡大再生産の延長線であり、またその現場の一断面だと考えると、近代的な光景とはいえ感慨が深くなる。

渋谷名物の、銀座線が地上に出ている姿である。JR渋谷駅から宮益坂方面へ出て、ヒカリエへ向かう途中の場所である。銀座線車両は数分おきに見かけることが出来る。少々見えづらいが、写真ではオレンジの銀座線の車両が地上3階を走っており、JR山手線(写真右下あたり)よりも上を走る有様はなんとも奇妙な光景と言える。

銀座線開通当時の技術では列車の急な坂の上り下りは困難であったため、平坦なルートを選んだ結果、「谷」である渋谷では地下鉄が地上に露出したものである。渋谷駅付近が「谷」底であること、また東西両側に「宮益坂」、「道玄坂」が控えている地形の特徴がよく表れている。

なお、丸ノ内線の「四ツ谷駅」でも同様の光景を見ることが出来る。

 

夏の眠りを快適にする麻寝具シリーズ【麻夢物語公式オンラインショップ】

<モヤイ像>

ハチ公像前とともに、銀座線を下りて道玄坂サイドに出たすぐの場所である。先日、ハチ公前の喫煙所が閉鎖されたため、渋谷駅近隣の喫煙所は少なくなった。その影響で、最近はスモーカーとタバコの煙で一杯である。上の写真のモヤイ像右側に見えるのは喫煙所の壁であり、中は喫煙者と煙があふれていた。

そもそもモヤイ像は、伊豆諸島の新島村の名物の石像である。新島村の場所は以下参照。

<ハチ公像>

<スクランブル交差点>



<のんべい横丁>

山手線ガード横に、36店舗がひしめいている。渋谷駅の件の延長線上で再開発の話があるものの、外国人観光客に人気があるため、2020年オリンピックまでは存続するとかしないとか。

“渋谷の景色~渋谷駅周辺” への2件の返信

コメントは受け付けていません。