渋谷の景色~道玄坂/宇田川町方面

ここでは渋谷の中心的繁華街が含まれる、道玄坂及び宇田川町のエリアを取り上げる。

渋谷駅周辺エリアは、こちらへ。

<セルリアンタワーと国道246号線>

 

渋谷駅から道玄坂方面へ桜ヶ丘・南平台方面に進む途中にセルリアンタワーの姿が目に入ってくる。セルリアンタワー東急ホテルやGMO本社が入居している。下を走るのは国道246号線、及び首都高速(高架部分)である。

国道246号線は、起点は東京都千代田区の三宅坂交差点であり、終点は国道1号に合流する静岡県沼津市である。通称「にー・よん・ろく」、場所により「青山通り」、「玉川通り」、「厚木街道」など呼び名を変えている。ほぼ東名高速、東急田園都市線と並行に走っている。

国道246号線は、元は東海道の脇街道として発達した「足柄道」であった。終戦後、国道1号線(元の東海道)は車線拡幅に限度があるため、拡幅が進められた。

<渋谷マークシティ>

<道玄坂>

<道玄坂道供養碑>

上記はJRまたは銀座線の渋谷駅を下りて、渋谷マークシティーを抜けた先にあり、道玄坂上交番前の交差点に面している。渋谷には、東に宮益坂、西に道玄坂がある。その昔薄暗い場所で、山賊が出たという。こちらの石碑は、坂の名の由来となった「道玄」という山賊を説明している。現在も、道玄坂の路地は風俗店やホテルの入る小型ビルが密集しており、薄暗い雰囲気が継続している。

<道玄坂上交番前>

 

筆者がよく昼食に使う道玄坂の2件の店舗である。詳細は割愛する。

<しぶや百軒店(しぶやひゃっけんだな)>

渋谷のかつての中心的繁華街である。

 

<タワーレコード>

スクランブル交差点から、宇田川町方面へ向かう途中にある。1990年代には渋谷は、特に宇田川町はレコード店の聖地と呼ばれていたが、昨今の店舗形態での運営は厳しい状況から店舗数は減少している。

<渋谷MEGAドンキ>

渋谷駅からハチ公前を通り、道玄坂を上って東急百貨店渋谷本店の手前にある。近隣にあった渋谷店の閉店後に2017年5月12日(金)にオープン。通常店の顧客層に加えてファミリー層の取込みも狙っている。

<東急百貨店渋谷本店>

昭和42年(1967年)開店。従来は住宅も点在する地域だったが、オープン以降、道玄坂の繁華街への変貌が加速した。

<代々木総合体育館>

かの丹下健三設計で代表作品の一つ。1964年9月、最後は突貫工事になりながら、東京オリンピックの39日前になんとか完成した。

<NHK>

左中央には「スタジオパーク」のモニュメントみたいな看板が見える。右には「代々木公園」入り口がある。(「代々木公園」はいまやポケモン聖地のひとつであるが、それはまた別の機会に。)

“渋谷の景色~道玄坂/宇田川町方面” への1件の返信

コメントは受け付けていません。