旧谷中清水町〜松平伊豆守下屋敷の跡地

100円で乗ることができる台東区循環バス「めぐりん」は重宝する。「めぐりん」のうち、「東西めぐりん」は浅草から谷中まで台東区内を東西に走っているが、浅草から上野公園を過ぎると「谷中清水町公園」というバス停にたどり着く。

バス停近くには、台東区の谷中一丁目と池之端四丁目にまたがる「谷中清水町公園」があり、旧谷中清水町に関する町名由来の案内が記載されている。昭和42年(1967年)の住居表示変更より前は、池之端四丁目と三丁目は、「谷中清水町」であった。その経緯もあり、現在も日暮里の「諏方神社」の氏子町である。

旧谷中清水町の町名の由来は、護国院の清水門があったためである。護国院は、寛永寺の最初の子院であり、谷中七福神の1つである大黒天が祀られている。清水門の由来は、清水が湧いていたからとのことである。清水が湧きそうな上野の山の傾斜地「清水坂」があり、往時が想像される。



「谷中清水町」の場所は、江戸時代には、かの松平伊豆守こと松平信綱の下屋敷であった。さすがに加賀前田家上屋敷などには及ばないものの、広大な敷地を占めている。

松平信綱は、三代将軍家光及び四代将軍家綱の時代に老中を務めており、幕藩体制の確立に尽力した。明暦3年(1657年)の、いわゆる明暦大火の際にも事後収拾の対応を行った。文京区大部分の江戸市街化は、明暦の大火の後と言われるので、松平信綱自身も、一帯の整備開発に貢献したことと思われる。

地図は池之端四丁目を指している。松平伊豆守の下屋敷を思させる遺構自体は残されておらず、現在は住宅街となっている。しかし、周辺を散歩すると、土地の歴史について思い至ることがあった。

池之端四丁目の中央部分は、根津方面から上野の山の裏手の東京芸大方面へ抜ける際の最短ルートとなる。最短ルートであるのは、距離だけではなく、坂道が緩やかなのである。途中の坂道は「三段坂」と呼ばれる坂があり、その名の通り緩やかな段が3段付いている。池之端四丁目の住宅地を散歩すると実感できるが、言問通り沿いの善光寺坂や、上野の山沿いの清水坂(上記地図だと池之端四丁目の南東角辺り)と比べると、坂が緩やかで、移動が快適に感じられる。

現代に残る坂道は、台地の斜面近くに人が住むだけで出来上がったものではない。人が往来が集積していく中で、人の通行をより容易ならしめるため、傾斜路をなだらかする土木工事などの改良が加えられ、積み重ねられることで、初めて人が快適に通行するのに適した「坂道」が出来上がる。

「三段坂」の名称が付いたのは戦後、三段の坂が作られたのは明治20年代であるとのことだが、松平伊豆守の屋敷地として概ね江戸時代を通して使われたことで、人の通行にやさしい坂道である、「三段坂」のベースが形作られていったのではないだろうか。

 

以下、近隣の紹介を少し。

池之端四丁目南方の路地にあるホテルグラフィ根津。外国人宿泊客にも人気である。1Fに宿泊者に限らず利用できるカフェ/バーがある。

 

 

根津との境界である旧「藍染川」沿いには、老舗の中華料理店「BIKA」がある。谷根千散策の後で立ち寄られてはいかがだろうか。

名物のニラそば。900円

エビシュウマイ。600円。

アクセスは以下の通り。