門前の小僧習わぬ経を読むシリーズ~浄土宗浄心寺

本来なら谷中の寺の事から書くのが、
この「門前の小僧習わぬ経を読む」シリーズにふさわしいのでしょうが、
前から気になっていたんですよ。
この仏像?
向丘2丁目の浄土宗浄心寺の前の建立仏。

私、仏像が好きで、趣味の切り絵で仏像彫ったりしています。
その切り絵はまさに一大芸術であり、我が家の秘仏ですので、
残念なことにお見せする事はできません。
しかしながら、宗教心はありません。
何故好きかと言うと答えようがありません。
あえて言うなら「様式美」にまつわる屁理屈が好きなのです。

そんな「様式美」を壊すこの仏像、とてもファニーです。
親しみやすさでは近年、類を見ない遭遇仏です。
材質はコンクリートでしょうか?いや、絶対コンクリート。
材質そのものがとても前衛的です。
全身はペンキ塗りですな。実に不安定な微妙な造形美です。
それはいわゆる「ゆらぎ」なのです。
この世は諸行無常ですから、このような「ゆらぎ」があって
当然と言えるのです。
仏が纏う衣は流線美があるものですが、このおっさん仏には
見当たりません。
「大体、こんな感じ」で作られたような感じです。
このいい加減さが実に素晴らしい。
何故なら、形の「いい加減さ」と造る「熱意」は別物だからです。
緻密に作られたものだけをありがたがってはいけません。
円空の仏像なんかほとんどいい加減に作ってるように見えます。

このありがたいファニーさは、
「大体、こんな感じ」と言う自由な制作意欲、
その辺りの尊い「お気楽さ」から醸し出しているのでしょう。
まさに自由闊達、なにものにも捕われておりません。
人はそれを「無我の境地」と言うのでしょう。
下から見上げるとより一層、親しみを覚えます。
ゴースタバスターズに出て来た「マシュマロマン」にも
どこか似ております。
表情を伺うところ、このおっさん仏まだ解脱はしていないようです。

「親しみ」と書きましたが、この場合「ご利益」があるかどうかは別です。
手を合わせたりはしませんし、またそんな人も見た事はありません。
浄心寺の看板がわりなのでしょう。
この仏、いや、おっさん仏は誰?
大黒天のような、恵比寿様に似てるような??
まあ、江戸ですから大黒天かと思われますが、
そこら当りもまた「大体こんな感じ」感が出ています。

浄心寺のホームページを見てもこのおっさん仏に関してはノーコメントです。
このおっさん仏の身元が知りたい。
がっ!「秘してこそ花」の言葉があるように、
「秘してこそ大体こんな感じ仏」と私は敬うのです。

浄心寺のご本尊は阿弥陀如来、右に十一面観世音菩薩、左に勢至菩薩。
浄土宗ではこの組み合わせが多く、スタンダードな組み合わせですが、
この門前のおっさん仏と違い、ご本尊はとてもゴージャスです。

浄土宗・浄心寺
東京都文京区向丘2丁目17-4

屋形船

屋形船に乗ってみました 何年ぶりでしょうか?
ネットで調べるといろいろなコースがあり 迷いましたが
地元の千住の「濱田屋」さんのスカイツリーコース4800円を選んでみた
乗船場所は勝ちどきから結構盛況ですねえ
男女 男同士 家族 おばあちゃんと孫 などなど
隅田川を眺めることはあるけれど 川の上からは滅多にないので 結構観光気分が味わえますハヤシライスやら串揚げやら いろいろ出てきましたが 美味しいじゃなの!!
ビールもハートランドがあったので迷わず注文 旨い!
このコースは飲み物持ち込み可だったので ウーロンハイも持参このコースはスカイツリーを回るコースでしたが スカイツリーは見飽きているものの
船上からのスカイツリーはまた格別
西の東京タワーに完全に勝った感が下町の私の心を鼓舞させます屋形船はいろいろな橋をくぐったものの橋の名前はあまり覚えていなのですが
隅田川に掛かる橋って結構重量感があってなかなかの構造物ですなあ
途中 隅田川で釣り船 ジェットスキー ボートなどなどに遭遇し
隅田川で遊んでる人って意外に多いんだなあ と実感屋形船って夜景を見に行くイメージがあったけど
昼間の屋形船も開放感があっていいねえ 景色も綺麗だし
後 老舗の店とか老舗の会社って 看板を隅田川からも見えるようにしているつーのを発見 粋だねえ
青空の広がる夏にもう一回乗りたいな~ 涼しそうだぞお
帰りに橋の上から濱田屋さんの屋形船をみると 従業員の姉さんが思いっきり手を振ってくれました!
なんか感激!やっぱり夏にもう一回乗りますよ

濱田屋
〒120-0022 東京都足立区柳原一丁目14番5号
TEL.03-3881-2314

蕎麦・寿司・天ぷらの次は「鰻」


蕎麦・寿司・天ぷらの話を書いたので 次はやはり「鰻」
鰻もここらへんは結構多いな〜
永井荷風は「幸せとは?」と聞かれ
散歩に行くときに財布に鰻と少々の酒を呑む銭があるのが幸せの基準だと言っていたらしい



気になるお店は数あれど 良く行くのは 千駄木の「山ぎし」
自分 鰻って何か進んで食べないんだよねえ 一年に3回くらいか?
だんだん体力も気力も無くなってくる歳なので1ヶ月に一回くらいは食したいものである

鰻は川魚だから 泥鰌もあれば当然 鯉もある
鯰も置いている店もある
今回は「鰻」を食べるのはもちろんの事 「鯉の洗い」が目当て
先日出張で長野のブランド鯉「佐久の鯉」を食べる予定が狂い出張に行けなかったので
頭の中は「鯉の洗い」で一杯なのです
新鮮で臭みのない「鯉の洗い」は醤油とわさびでいただける
ここの「鯉の洗い」もブラボーなお味 旨い!日本酒に合う!
さすが魚の中では「鯉」だけは別格で海魚より上と言われるだけある
昔は祝いの魚は「鯛」ではなく「鯉」だったと聞いたことがある
「鯉の洗い」が旨かったので次は「鯉の洗いのカルパッチョ」も注文!
満足でげす

「山ぎし」さんは飲み屋で使えるメニュー構成 値段もお安い
しかしなんと言っても美味しい!
小銭が貯まったらまた食べに行こう〜っと

鰻の山ぎし
東京都台東区谷中3丁目139
03-3827-5763
営業11時00分~14時00分, 17時00分~20時00分
定休日火曜日

谷中 松寿司

前にも書きましたが
死んだ爺さんが言っていた
「男は蕎麦屋と寿司屋の行き付けは持っておくもんだ」と

寿司屋へ夜に入るのはこの歳になってもびびりますねえ。
酒飲みなので居酒屋とか割烹料理屋、蕎麦屋には入るが
寿司屋では飲まないからねえ~
寿司屋=「高い」と思い込み
とは言っても蕎麦屋とか居酒屋で飲んでもそれなりの料金を払うのだから
これはひとえに貧乏育ちの偏見なのである。



もう一つ寿司屋になかなか通わないのは幼き頃
家の前に寿司屋がありそこは友達の家だった
遊びに行くと友達の爺さんがちらし寿司を食わせてくれた
とても家族的な雰囲気の寿司屋であった
故にそのような寿司屋が理想なのだが
なかなか見つからないで谷中最古の寿司屋「松寿司」
とうとう見つけたねえ いい寿司屋だねえ
店内は小綺麗で三代目と女将さんのお二人
相方と二人で刺身と握りを注文して冷酒で「キューッ」と飲る
幸せでございます 寿司屋のカウンターでこんな事が出来るなんて
大人になったのだ私は・・・と考え深くもう一杯
話が弾み 三代目から名刺をいただいた
名刺にはフードコーディネーター&料理研究家&寿司職人とあったが
江戸っ子で寿司屋の三代目なので
名刺にもう一つ「若旦那」と書き込んでもらいたいものだ
たぶんモテるぞ

松寿司
東京都台東区谷中3-2-7
03-3821-5087

男の行きつけ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私の爺さんの遺言は
「男なら行きつけの寿司屋と蕎麦屋と天ぷら屋は決めとおけ」である
寿司屋は決まっている
蕎麦屋も決まっている
天ぷら屋が決まっていない
「画龍点睛を欠く」のである
大人の男としての嗜みでもある

が!しかし身近にあった!
それが西片の「天ぷら屋 まるやま」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

飲み友達で「丸じい(通称)」が居たじゃないか!
飲んでるときに仕事の話なんてみんな無粋な真似しないから
近所の飲んべえの認識でいたが
「天ぷら屋」のご主人だったのを思い出したのである
そう言えば谷中墓地で花見をしたときにこさえてきてくれたいなり寿司が妙に旨かった
一芸は百芸に通ずる・・・旨いに違いない 行ってみよう!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

月曜日に友人と行ってみた 旨い 幾らでも腹に入る
水曜日にお任せコースを二人分予約する ここでデート
木曜日に接待でまたおまかせコースを予約する ここで商談
先週は正に天ぷらウィーク

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

突き出しはおぼろ豆腐、続いて鮪の刺身(これが寿司屋より旨い、寝かせてますな)
鱚、マゴチ、海老、穴子、谷中ショウガ・・・etc  幸せだねえ
これで寿司屋・蕎麦屋・天ぷら屋がそろい踏みして
私はここに「大人の男」として完成をみたのである

天扶良まるやま
〒113-0024 東京都文京区西片2丁目21−4
03-5684-5188
営業時間12:00~14:30/18:00~21:30
定休日日曜日

藪蕎麦


蕎麦屋でもとりわけ有名なのは藪御三家
特に神田藪蕎麦は江戸ソバリエの受講生が訪れる店のno1である
元々は千駄木の団子坂「蔦屋」が本家
蔦屋の3代目が相場で失敗して「仲砂」の4代目堀田七兵衛が蔦屋の神田連雀町の
支店を譲り受けたのが神田藪蕎麦のはじまり
その後 神田藪蕎麦から 並木藪蕎麦 池之端藪蕎麦 と続く
並木藪から 上野藪蕎麦 浜町藪蕎麦 などが出てくる
神田藪蕎麦が中心として「薮睦会」と言う暖簾会ができる



が!千駄木の団子坂「蔦屋」の直系は何も神田藪蕎麦だけではない
「蔦屋」から独立した店が他にも2件あったのです
一つは本駒込にある「藪蔦」
藪蕎麦と呼ばれた「蔦屋」から出たから「藪蔦」
分かりやすい!
もう一つは本郷にあるこれまた「藪蔦」
残念な事にここは今営業していません。


本駒込の「藪蔦」へ行ってみる
店の中は昭和時代の定食屋さんみたいだ
せいろをたぐってみると麺は何故か平打ち
汁は藪御三家ほどは塩からくない!比べるとどちらかと言えば甘い
しかし!!慎重に汁を利き酒のように味わうと
出汁はなんと藪御三家と同じ風味がする びっくり!
これは出汁の取り方はほぼ同じで「かえし」が違うのか
と言うことは「藪」の味は「かえし」以上に出汁の取り方に
特長があるのか 謎です

藪蔦 (やぶつた)
東京都文京区本駒込1-4-5
11:30~16:00、17:00~20:00
日曜営業